腰の骨の軽めの疲労骨折・・・

今回私がお話するのは、私の体の悩みについてです。
何に悩んでいるのかというと、体の一番中枢ともいえる大事なところ。
そう、「腰」なんです。
背中ともいえるんですけど。

私のこの腰がダメになってしまったのは高校生の2年生の夏ごろでしょうか。
中学でも3年間運動部、高校からは晴れてあこがれの女子サッカー部に入部して
優しくてとても面白い先輩たちや先生と一緒に楽しく活動していました。
しかしランニングのメニューが多くなる夏ごろ、
どうも走っていると腰に鈍い痛みが。。。
段々ひどくなってくるのでその時は練習を少し軽めにして
すぐに病院へ。
「筋肉が疲れちゃってるんじゃない?ちゃんとストレッチしてから練習しないとだめだよ」
と言われましたが、私は誰よりもストレッチを入念にやってから練習する人だったため
その言葉が信じられませんでした。
納得がいかないのでもっとちゃんと検査をしてくれと訴えたところ、
背骨当たりの写真を撮っていただくことになりました。
その結果を見て病院の院長先生は、「腰椎分離症」という言葉を教えてくれました。
簡単に言うと腰の骨の軽めの疲労骨折というようなお話を聞きました。
半年くらいはみんなと一緒に練習できないねと言われ、
現役の一番活躍すべき2年生から3年生までの期間は何もできず、
チームメイトが練習するのを悔しく見守りつつ体感トレーニングをして、
週に1回くらい整形外科に通ってリハビリを続けました。
マッサージやリハビリと、理学療法士の方の励ましで少しずつ運動ができるようになってきて、
部活の合宿でも前半だけ試合に出たりさせてもらえるまで回復しました。
しかしその後の改善が見られぬまま引退の時期となってしまい、非常に苦しい思いをすることになりました。
なぜなのかわからないまま部活も終わり、医療費もかさんでしまうので今後は激しい運動は避けよう
という生活のスタイルでたまにストレッチなどをしながら腰痛におびえつつ生活をしています。

これが、「腰椎分離症」を抱える私の腰の悩みです。